食物効用>お見舞いの定番のリンゴは体に良い果物です

バラ科リンゴ属の果実。栽培の歴史は古く、日本へは明治時代初期にヨーロッパから伝わりました。
多くの品種があり、ふじは10月から3月頃、
陸奥は8月〜10月頃、つがるは9月〜11月頃、
紅玉は9月〜3月頃、青りんごは7月〜8月頃が旬です。

リンゴは、日本ではお見舞いの定番として選ばれる身体に良い果実として知られ、糖質が非常に多く、血圧を下げるカリウムなど腸に刺激を与える食物繊維のペクチン、
カリウム・ポリフェノールを豊富に含んでいます。

水溶性の食物繊維であるペクチンは、腸内に入った時に、消化物やコレステロールなどを包み込んで、腸内を刺激し体外に排泄させやすくする働きがあります。
便秘の改善や高血圧予防に効果があり、さらにペクチンは腸内の乳酸菌の生育を促進し、悪玉菌の活動を抑え、
善玉菌を増やす働きがあります。

さらに、リンゴの酸味のもとであるリンゴ酸とクエン酸は疲労回復、食欲増進などに効果があります。
リンゴは栄養価が高く、美容・健康、またダイエットに
とても優れた働きを持つ果物です。

食物効用

トップページ
食生活の大切さや、食べ物の隠された効用を学びましょう
美肌を保つポイントとは?美肌は普段の食生活から改善しましょう
大豆に負けない驚きの枝豆効果!ただし食べすぎに注意をtxt
知ってました?サヤエンドウには別々の栄養素が含まれているんです
糖尿病にはサヤインゲンです!食材としても多く取り入れましょう
頭を良くしボケ防止には最適のソラマメ効果とは
ヨモギの知られざるパワー!ダイエットに効果あり!?
ヨモギを使った簡単お手軽活用方法
驚きのカプサイシンパワー!トウガラシの辛味成分はカプサイシンです!
ひ弱なイメージのモヤシ!実は多くの栄養素を隠し持ったミネラルの宝庫なのです!
冬瓜は夏の王様!冬瓜で水分補給しましょう
料理の脇役、刺し身のツマとして用いられる青ジソは水太りに効果あり
苦味成分の多いピーマン!実はビタミンCを多く含んだ食材です
縁起物としてのレンコンはすてるところのない優れものの野菜です
ブロッコリーは体の疲れを癒してくれるくせのない食べやすい野菜です
ナスは栄養価の少ない野菜だが家庭の常備薬として活躍!
香りの強いセロリは疲れを癒し神経を鎮める効果があります
キャベツは妊婦さんに強い味方です!
胃腸が弱い方はぜひカブを用いましょう
付け合せだけではもったいないパセリの効用とは
ネギ類だけに含まれる硫化アリルがガン予防の決め手に!
特有の香りをもつシュンギクは意外にも入浴剤として利用!神経痛の特効薬です
トマトは形を変えても旨みは変えない優れものです
物忘れのミョウガ?意外な効果とは
夏の代表野菜のキュウリは主成分豊富な優れものです
発育を助けるシイタケはダイエット食にも最適!
食欲増進!お肉が硬い時はパイナップルを!
ハトが好んで食べるハトムギは栄養バランスのとれた優れた食材です
サクランボは貴重な薬効として虫歯予防にも効果あり?
クルミはバランスの良い完全な栄養食品です
森のバターと呼ばれ美肌効果の高いアボカドはビタミンの宝庫です
ピーナツは妊婦の方にオススメ!老化防止にも効果抜群です
イチゴを食べてビタミンCの美肌効果を
スイカの主成分はほとんど水分で利尿剤として効果的
バナナはエネルギーの源!スポーツ選手にも最適の果物です
メロンは高級果物の代名詞ですが体にもよい食品です
美容と健康と美味しさを引き出すレモンの効果
お見舞いの定番のリンゴは体に良い果物です
鮭は体力増強のスタミナ食です!
ウナギに負けないドジョウのスタミナパワー!
タコはダイエットに効果的ですが胃弱の人はご注意を
日本人に好まれているアジの栄養素とは
アルコールの解毒作用のあるカニはお酒との相性が抜群です
コイは健康増進の源!妊娠中の方にオススメです
サバはアミノ酸を多く含む青魚の王様です!
腸内のおそうじはコンニャクにお任せ!
里芋の栄養成分は独特のぬめりにあり
山芋は元気をつけるスタミナ食です
菊は鑑賞用だけでなく漢方薬としての意外な効能とは
春の象徴としてのサクラの漢方薬としての効用
菖蒲は菖蒲湯だけでなく漢方薬としても効果を発揮!

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system